書道

 精神を集中し、心をこめて文字を書き習うことによって形象美を追求する一種の実技。

 伊達市の高等養護にいる会田君は「字をかけないばかりに施設に入れられた」と言って嘆いていた。最近まで、アニメのタイガーマスクではないが、施設は孤児が入るモノだと思っていた。孤児は涙をながしても声を出して泣かないと言うような事が本に書いてあった。

 墨をすって書いているので書いた字には光沢がある。

 日本書道協会連鎖教室とは関係ないが、日本書道協会連鎖教室は正規な所はやっていないと言っている。

 これも書道とは直接は関係ないが来年平成31年に元号が「開成」に変わると言っている。

 日本書道協会の穂をたわめて書くは「かなり難しい」ので小学生は敬遠し、穂を斜めに入れて垂直に立ち上げて書く、「日本書道学院の学年習字ならできる」と言っている。